読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bonbonbony’s diary

KAT-TUNとの日々とか…ゆるい感じで

KAT-TUNをめぐる母娘の攻防戦

我が家の次女は 20歳。 初ジャニーズがKAT-TUNで 当たり前な世代だ。
だが 当時の彼女は アイドルには目もくれず、小学生ながら EXILEにハマっていた。
母親である私も 6歳上の長女も ジャニーズに まったく興味が無かったから…当然と言えば当然である。
彼女は 尊敬する(ここ大事)母の影響を受け成長する。
そして現在…カラオケに繰り出せば  尾崎豊を熱唱し   さだまさしのコアな曲を歌い上げる。
もちろん 中島みゆきのモノマネも忘れたりしない…うーん…良い娘に育った。
ちなみに  20歳になった彼女の最初の鼻歌は…ちあきなおみの喝采であった。

そんな彼女に まさかの事態が起こったのは  一年ほど前の事だ。
憧れの(大事ポイント2)母が 48歳にして突然 KAT-TUNにハマった…ハマりまくったのだ。
家の中は  いつでも 東京ドーム! ノンストップ  ザ KAT-TUNだ。
仕事から帰り  玄関のドアを開ければ 「ただいま」の声さえ掻き消す大音量のKAT-TUNライブが開催されており…母はTVの前でペンライトを振っているか   「うぇい!うぇい!」いいながら 夕飯の支度をしている。
「あ〜  うち帰ってくんの ヤダわ」の声も無視され…エンドレスKAT-TUNライブ。
·····そんな日々が 続くうちに   彼女の鼻歌の7割が KAT-TUNの曲になっていた。
無意識に歌うたび  小さくガッツポーズをした母が 「あれぇ  KAT-TUN好きなのぉ?」と聞いてくる。
最初のうちこそ 「好きじゃねーし」  「てか  こんだけ聞いてたら覚えるわっ」と 反抗的態度をみせていたが  あまりにも しつこい母の問いかけに 面倒になったのか…それとも なんらかの心境の変化か…半年も経つ頃には  「はいはい  KAT-TUNね。好きですよ」という答えが返ってくるようになった。
いかにも  「仕方なしに」みたいな素振りだが…
娘よ…母は知っている。
亀梨和也の ゴールの見えない暴走…好きだよね!   中丸雄一のDFEからの塩対応…好きだよね!    上田竜也のオラオラ感…そして ダダ漏れの可愛い〜   …大好物だよね!
なんていったって   姿形から 考え方  趣味にいたるまで  母に そっくりなのだから…KAT-TUNに ハマらないわけがない。
DNAに 感謝したまえよ!
そしてそして…充電完了後のライブには 2人揃って参戦しようではないか。
母は キミの ドームデビューの日を 楽しみに  更年期を 元気に乗り切るよ!
まずは  まもなく届く 10KsのライブDVDを観ながら  2人で 熱い涙を流そうじゃないか!
あ…ペンライトは 貸さないよ!  1個しかないからね。